消費者金融審査

利子率と発生的機能

資金や貨幣の価格と称される利子率は、二種類の機能があります。一つは景気調整機能で、もう一つは資金配分機能です。

景気調整機能

利子率の景気調整機能とは、景気が過熱して資金需要が増大すると、それに対応して資金供給が増大しなければ金利は上昇し、資金借り入れ需要の減退を通じて企業の投資が抑制されることになります。つまり金利の上昇を経由して景気が鎮静化することになるのです。逆に景気が沈滞して資金需要活発化することになります。

つまり金利の低下を経由して景気が浮揚することになるのでなり、結果的に金利の働きによって景気が自動的に調整されているというわけです。

資金配分機能

もう一つの利子率の資金配分機能とは、たとえばある財に対する需要が大きいため、その財あの供給者の収益率が高く、高い金利を支払うことのできる企業あるいは産業部門に結局は資金が供給されて、生産の拡大が引き起こされます。

すなわち資金が必要なところにうまく流れることによって、限りある資金が効率的に配分されるということです。

 

以上述べた2つの機能が働くためには、金利が市場の需給関係で決定される金利であること、すなわち自由金利であることが条件になります。